食品乾燥機で食材の美味しさをそのまま保存! | タカハタ電子
食品乾燥機で食材の美味しさをそのまま保存!

食品乾燥機で食材の美味しさをそのまま保存!

カテゴリー: 豆知識

ドライフルーツや野菜チップなどいわゆる「ドライフード」は、自然志向の人たちに人気の食材です。

ドライフードは、生の野菜や果物から水分を取り除くことで、微生物が繁殖を抑え長持ちするようになると同時に、食物の持つ美味しさがぎゅっと凝縮され、生食とはまた違った味わいを楽しむことができます。

おやつ感覚で、またヨーグルトやコーンフレークなどに混ぜて、手軽に栄養素をとることができるドライフードですが、乾燥方法には自然乾燥と人工乾燥の2種類があります。

家庭では、電子レンジや天日干しで乾燥させる方法が一般的ですが、たくさんの野菜や果物を乾燥させるとなると、電子レンジでは容量不足ですし、天日干しは一度にたくさん作れるものの、完成までに日数がかかってしまうという欠点があります

そこで、たくさんの農作物をもっと手軽に早く乾燥させるためには、業務用の食品乾燥機が最適です。

当社の食品乾燥機なら、栄養価を損なうことなく短時間で、たくさんの野菜や果物を乾燥させることができます。

また丹精込めて作り上げた農産物を、新鮮なままに効率よく乾燥することで、ドライフードとして季節に関係なく、お客様へ提供することが可能です。

食品乾燥機でできること

食品乾燥機3つの特徴

従来、天日干しで行われていた食品の乾燥は、天候に左右されるために安定した品質と供給量を保つことが難しい方法でした。

しかし、電気の力によって、加熱と乾燥ができる食品乾燥機を導入することで、天候に左右されず、安全に農作物を乾燥させることができます。

食品乾燥機は別名「フードドライヤー」とも言われますが、一般的にトレー状の棚に並べた食材へ、熱風を当てて乾燥させます。

手軽に食材を乾燥させるだけでなく、衛生面でも管理しやすい食品乾燥機は、ドライフードづくりに欠かせない存在です。

食品乾燥機の選び方

食品乾燥機は、使用用途に応じて「機能」と「容量」を選ぶことが大切です。

ただ食材を乾燥させるだけではなく、よりおいしく作るための便利な機能をご紹介します。

機能面で選ぶ

食品乾燥機としてあると便利な機能は、温度調節機能とタイマー機能の2点です。

食材に合った温度調節機能

食材に含まれる水分はそれぞれ異なります。

そこで、風味を落とさず高い栄養価を維持したまま、しっかりと乾燥させるためには、食材ごとに適した温度で加熱する必要がありますし、いろいろな温度に設定することができれば、例えばチーズやヨーグルトを発酵するといった変わった使い方もできます。

幅広い食材を乾燥させたい場合は、温度調節機能があると便利です。

しかし、野菜や果物といった農作物を乾燥させたいのであれば、特に温度調節機能は必要ありません。

むしろ、酵素の働きが良いとされる、人間や動物の体温に近い40度前後で乾燥できる食品乾燥機が良いでしょう。

タイマー機能

食品乾燥機を使用しても、乾燥する食材によって短時間で終わるものから、長時間かかるものがあります。

そこでタイマー機能がついていると、例えば夜間にタイマーをセットすれば翌朝には乾燥が終わり、朝食に利用することもできます。

また、乾燥の度合を自分好みに調節するのにも、タイマー機能は必須といえるでしょう。

ただし、タイマー機能が付いている食品乾燥機は価格が高額であったり、タイマー以外の機能面で折り合いがつかなかったりする場合もあります。

その場合は、タイマー機能をメインに機種選択するのではなく、必要と思う機能がついている機種を選んだうえで、コンセントタイマーを活用するという選択肢もあります。

容量で選ぶ

家庭菜園をされている人や直売所などで販売している人、そして純粋にドライフードが好きで良く料理に利用するという人は、一度にたくさんの食材が乾燥できる、容量の大きな据置タイプのものがおすすめです。

業務用で使用される場合は、容量に合わせて組み立てられるものがおすすめです。

気になる電気代は?

食品乾燥機は稼働時間が長くなるので消費電力も気になるところです。

消費電力の求め方は、次の計算式で求められます。

例えば、当社のタワー式小型常温乾燥機 TK-1000Aで6時間稼働させた場合の電気代を計算してみると、以下のようになります。

年間100回稼働した場合は25,200円となり、月々当たり2,100円です。

年間でみれば割高と感じるかもしれませんが、1回252円、月2,100円ですから、それほど電気代が気になるということはないでしょう。

タカハタ電子の食品乾燥機│3つの特徴

当社の食品乾燥機は、葉物野菜、果物、根菜類など幅ひろい食材を対象に、安心・安全に乾燥食品を生産することができる工夫がされています。

① 衛生的な食品乾燥を実現

食材を取り扱う食品乾燥機では、乾燥環境と機器の衛生管理が重要です。
そこで当社の食品乾燥機は清潔な環境を実現し、安全に食材を乾燥することができます。

浮遊菌対策としてイオン発生機を内蔵

空中浮遊菌とは、大気中の細かな塵埃に付着して風などで舞い上がった微生物や、浮遊している微小な水滴に含まれている細菌のことです。
直接食品を汚染するだけでなく、容器や器具・機械を汚染し、製品の劣化の原因となります。

そこで当社の食品乾燥機には、衛生的な乾燥を実現させるため、浮遊菌対策として乾燥機の内部に「イオン発生器」を内蔵しています。

清掃しやすい内部構造

食品を扱っている以上、乾燥機内の清掃のしやすさも重要ポイントといえます。

当社の常温乾燥機は、棚の取り外しができるので内部の清掃がしやすく、日々の手入れに手間を取られることがありません。

② フリーズドライと同等以上の抗酸化力を実現

肌の老化現象をはじめ、動脈硬化、がん、糖尿病などの病気にも関与していると言われる活性酸素に対し、高い抗酸化力がある食物酵素を積極的に摂取したいものです。

食物酵素は60度以上の熱に弱く、そのために生野菜や搾りたてのジュースなどを飲むと良いとされています。
しかし、それでは効率よく日々の生活に取り入れるのは大変です。

当社の常温乾燥機は外気温+10~40度の温度に設定することができるため、食物酵素が分解されない温度でじっくり食材を乾燥させることができます。
そのため、フリーズドライの持つ抗酸化力と同等の効果が期待できます。

常温乾燥でスカスカ・ガチガチを防ぐ

少しでも早くドライフードを作りたいと思うと、高温設定ができる食品乾燥機の方が効率は良いと感じます。

しかし、高温乾燥では食材から一気に水分が抜けていくため、乾燥後はスカスカ・ガチガチになったり、変色が強く出たり、風味も落ちてしまいます。

40度前後の常温乾燥であれば、高温乾燥に比べてゆっくり水分を抜いていくことができ、素材の風味や栄養価の維持はもちろん、食材の持つ美味しさを保つことができます。

また、別途粉砕機が必要となりますが、味や風味・色・栄養価を粉末加工することもできます。

均一な空気の流れで不良品を防ぐ

従来の常温乾燥機は、風のあたりムラがあり不良品が多く出るという悩みがありました。

しかし当社の乾燥機は、乾燥機内の空気の流れを均一化することで、機内のどの場所でも同一の温度・湿度を保つことが可能になっています。
これは、加熱や凍結といった方法とは異なり、流体力学を応用した特許新技術に基づくものです。

③ ランニングコストを抑えた技術

乾燥器内の温度・湿度を一定に保つ特許新技術により、ファンなどの駆動装置は必要なときに稼働するだけにとどめることができます。
これにより、ランニングコストを抑える効果があります。

商品仕様と特徴

当社では、処理能力に合わせた3種類の食品乾燥機をご用意しています。

タワー式 小型常温乾燥機 TK-1000A

小型常温乾燥機TK-1000A

処理能力 最大30kg(カットりんごの場合)
寸法 H1,210×W980×D678mm
庫内容量 330L(トレイ10枚収納)
(トレイ内寸:531×377×39mm)
電源 AC100V
最大消費電力 1,600W(付属除湿器含む)
平均消費電力 1,000W(電気料金約20円/h)
重量 110kg

タワー式 中型常温乾燥機 TK-1001A

中型常温乾燥機TK-1001A

処理能力 最大80kg(カットりんごの場合)
寸法 H2,360×W1,500×D1,350mm
電源 AC200V(三相)
最大消費電力 3,418W
平均消費電力 2,335W(電気料金約42円/h)
重量 500kg

3連タワー式 中型常温乾燥機 TK-1003A

中型常温乾燥機TK-1003A

処理能力 最大240kg(カットりんごの場合)
寸法 H2,360×W4,250×D1,550mm
電源 AC200V(三相)
最大消費電力 10,254W
平均消費電力 7,005W(電気料金約140円/h)
重量 1,500kg

食品乾燥機の使用方法

食品乾燥機の使用をして、食材を上手に乾燥させるコツが3つあります。
簡単ですがとても重要なポイントでもありますので、ぜひマスターして美味しい乾燥食品を作りましょう。

①水分が多い食材は薄くスライスする

水分を多く含む食材を乾燥させる場合は、食材をできるだけ薄くスライスすることがポイントです。
薄いほど乾燥にかかる時間を短縮することができます。

②余分な水分はすべてふき取る

乾燥させる前に、食材の表面の余分な水分をすべてふき取ります。
このひと手間が早くきれいに乾燥させるためには大切な工程となります。

③トレーの上で重ならないように並べる

専用のトレーの上に並べる際には、食材同士が重ならないように気を付けます。
これにより、乾燥ムラを防ぐことができます。

食品乾燥機導入の注意点

食品乾燥機を導入する際には、次の3点についてご注意ください。

  1. 食品加工販売の届け出は加工部屋が必要
  2. 営業するには自治体からの許可も必須
  3. 商品表示はJAS法に基づいて行う

食品加工販売の届け出は加工部屋が必要

食品加工販売の届け出をする際には、加工部屋として専用のスペースが必要になります。

住居等とは区画されており、専用性があることが求められます(家庭用の台所と兼用しているのは不可です)。
床がコンクリートなどの耐水性材料となっていて、排水設備が整理され清掃しやすいことも重要です。

なお、カーテンやついたて等の移動可能なもので作った区画は認められませんので、注意が必要です。

営業するには自治体からの許可も必須

食品の製造を行う場合は、事前に自治体から営業許可証を受ける必要があります。
具体的には、営業所所在地を管轄する保健所に申請を行って許可を得る流れとなります。

新規営業の許可には、次の書類が必要になります。

申請書類 食品営業許可申請書、食品衛生責任者設置届
身分証明書 ・法人:登記事項証明書の写し
・個人:運転免許証、保険証等
平面図
食品衛生責任者の資格証明書 食品衛生責任者養成講習会受講の修了証の写し等
※水質検査結果書の写し 水道水以外を使用する場合
手数料 収入印紙

商品表示はJAS法に基づいて行う

加工された食品は、JAS法に基づいて、以下の7項目を明示します。

  1. 名称
  2. 原材料名
  3. 内容量
  4. 賞味期限(品質保持期限)
  5. 保存方法
  6. 原産国名(輸入品の場合)
  7. 製造業者等の氏名又は名称及び住所
  8. その他、個別食品に義務付けられた事項

まとめ

特許新技術を採用した当社の食品乾燥機は、食材のおいしさを「そのまま保存」することができます。
それだけでなく、ランニングコストを下げる、お手入れがしやすいといったメリットもあります。

食品乾燥機の購入を検討されている方は、ぜひ一度当社にご連絡ください。

食品乾燥機を詳しく見る