タカハタ電子の国内生産にこだわるEMS・ODM | タカハタ電子
タカハタ電子の国内生産にこだわるEMS・ODM

タカハタ電子の国内生産にこだわるEMS・ODM

カテゴリー: 豆知識

電子機器を中心とした「世界の生産基地」として、海外のEMS企業およびODM企業の存在感が増してきています。

そんな中で、タカハタ電子は海外ではできない加工、また機械ではできない、人の手による繊細で豊富な経験を必要とする加工をメインとして、あくまでも国内生産にこだわった生産受託事業(EMS・ODM)を行っています。

妥協を許さない「こだわりのモノづくり」は高品質を実現可能とし、製品の開発・設計から生産まで、お客様のニーズにあった製品を企画から開発、製造、量産体制まで、一貫した対応によりまるごとサポートいたします。

「EMS」「OEM」「ODM」「ファウンドリ」の違い

「EMS」「OEM」「ODM」「ファウンドリ」の用語について、どのような違いがあるのか簡単にご紹介します。

EMSとは

電子を機器扱う会社には、製造工程の部分を請け負うところがあります。この製造工程を請け負うことをEMS(Electrics Manufacturing Service)といい、サービスやメーカーを指します。

製造工程を請け負うEMSの中には、設計から行うものと、設計は発注元で行い、製造のみを請け負うものがあります。下請けというよりも、独立性が高い特徴があります。

OEMとは

電子機器の製造のみを請け負うことを、OEM(Original Equipment Manufacturer)といいます。
発注側が用意した設計図をもとに製造して、納品する形態です。委託側が生産量を含めて委託するので、自社製品として

ODMとは

発注元から製品の設計も併せて請け負うことをODM(Original Design Manufacturer)といいます。また製造後の販売も受託することもあります。

ファウンドリとは

半導体産業において、他社から製造を委託され製造業を営む会社をファウンドリ「Foundry」といいます。ファブと呼ばれる自社工場を持たない製造会社から、委託されることが多いです。形態の他にファウンドリ・サービスといった半導体サービスのビジネスモデルを指す言葉もあります。

EMS 製造部分を請け負う形態や企業
ロット生産で受注する
設計・部品調達・配送などの流通過程も含まれる
独立性が高い
OEM 製造のみを請け負う形態
委託側によって決められた生産量
ODM 設計から製造・販売までを請け負う形態
ファウンドリ 自社工場を持たない委託者からの受託形態

今後、技術の進歩が著しくなり、自社だけで目指したい製品を作ることが難しくなりつつあります。特定の技術に特化したメーカーに製造を委託すれば、大幅なコストカットを実現できます。

技術革新のスピードがますます速くなっていくので、EMSやOEM、ODMといった製造形態での生産形態はますます増えていくでしょう。

「EMS」「OEM」「ODM」のメリット・デメリット

「EMS」「OEM」「ODM」は、委託者側、受託者側それぞれにメリット・デメリットがあります。それぞれの立場から見たメリット・デメリットをご紹介します。

● 委託者側のメリット・デメリット

EMS ノウハウが蓄積できる
自社ブランドとして販売できる
OEM 設備投資や人材確保の必要性がない
在庫リストを軽減できる
製品の設計やデザインに集中できる
ODM ノウハウや技術が一切なくても製品開発できる
開発から製造まで受託側に委任できるためコスト削減効果が高い

OEMは、自社で開発・設計した製品の生産を委託するものですから、受託した会社が技術やノウハウを吸収し、競合相手となってしまうというデメリットがあります。

またOEMもODMも、生産を委託しながらの販売となってしまうため、品質はもちろんコスト面での調整も難しく、結果として製品の販売価格が高くなってしまい、大きな利益を生み出すことが難しくなってしまうケースがあります。

● 受託者側のメリット・デメリット

EMS 委託者と下請けに留まらない関係を築ける
OEM 受託生産を通じてノウハウや技術を蓄積できる
生産量が増加しコストダウン・収益率の改善を期待できる
製造工場の稼働率が上がる
ODM リソースや製造施設を有効活用できる
販売まで携わる場合はノウハウが大量に蓄積される

OEMは下請けであることが多く、自社ブランドを確立できない、知名度が上がらないといったデメリットが挙げられます。

またODMは、設計から販売までと幅広く受注できることが特徴ですが、生産量を委託側にコントロールされてしまうという点もあります。さらに、設計部分から受託するので、トラブルが生じたときに責任を問われることもあります。

タカハタ電子のEMS・ODMとは

当社のEMS・ODMサービスは、産業機器の製造や配線加工などを高い品質管理の元に、企画・開発から製造まで、製品化一貫体制で取り組み、1台から大量ロットまで幅広く対応しています。

ISOに準拠した高品質な医療機器を開発・製造

タカハタ電子は医療機器の受託製造メーカーとして、2009年5月に「医療機器製造販売業」の認定、また2010年9月には「医療機器産業に特化した品質マネジメントシステムに関する国際規格」ISO13485の認証を取得しております。

特に医療機器製造に関しては、液晶パネル活用の強みを発揮して、大手医療機器メーカー様向けに、投影式視力検査装置用液晶ディスプレイを製造しています。
国内生産にこだわり、高品質で信頼性の高いものづくりで、お客様の競争力に貢献しています。

◆2009年5月 「医療機器製造業認定」
◆2010年9月 ISO13485認定取得

「ソニーグリーンパートナー」認定

当社では、「ソニー技術標準:SS-00259 部品・材料における環境管理物質 管理規定」に基づき、ソニー株式会社様から委託された特定の製品について、2016年11月1日より「グリーンパートナー」に認定されました。

ソニー株式会社様では、ソニー製品の製造に使用される部品や材料において、「部品・材料における環境管理物質 管理規定」を策定し、人体や地球環境に著しく悪影響を及ぼす化学物質を「環境管理物質」として厳しく管理されています。
人体や地球環境に配慮されたソニー製品を委託される企業として、当社でも健全な地球環境が持続される社会の実現に取り組んでいます。

多彩なノウハウにより可能となる製品化一貫体制

当社はこれまで培った多彩なノウハウにより、企画・開発・設計から試作・評価・検査・生産まで、製品化一貫体制でまるごと対応しています。

〇タカハタ電子のサービス概要

◆企画・開発・設計 ・技術相談から企画書作成まで柔軟に対応
・設計から完成品までの一貫生産
◆試作・部材調達 ・部材の調達が可能
・試作・短納期・小ロットにも対応。多品種も対応可能。
◆特殊加工・難加工 ・特殊加工・難加工もタカハタ電子が得意としています
◆検査・量産 ・全数目視検査を実施
・BGAのX線検査実施
・量産立ち上げ体制をサポート
◆品質・サポート ・お客様ごとの専任者を配置
・改善提案のサービス

グループ総合力による安心・安全を提供

当社は少数ロットから大量生産まで対応可能です。部材調達や、特殊加工・難加工を含めて1台など小ロットであってもお引き受けしています。
さらに当社パートナー様と連携することで、大量ロットの生産も安全・安心な国内協力工場を中心にグループ力でしっかりと対応、量産立ち上げ体制も確保しています。

また、部品購買先や大学、公的機関などとの連携のもと、安全、安心な国内の協力工場を中心としてEMSラインやSMT(実装)ラインを整えています。

タカハタ電子EMS/ODMサービスの流れ

EMS/OEMサービスの流れ

お客様ごとに専任の担当者を配置し、技術相談から企画書作成までお客様のニーズに合わせて念入りに打ち合わせをし、設計から生産・検査まで妥協を許さないモノ創りを実施しています。

また、納品後も専任担当者により、しっかりとアフターフォローをしていきます。

EMS・ODMの納品実績

当社のEMS/ODMサービスでは、これまでに大手メーカー様などに多数の製品を納品しています。

◆トラック用バックカメラモニター

◆車載用大型モニター

◆エレベータ階数表示用モニター

◆産業機器用電源装置

産業機器用電源装置

◆半導体製造装置

半導体製造装置1

半導体製造装置2

◆視力検査装置
◆医療用ベッドモニター